ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > スペシャルオリンピックスで銅メダルを獲得した本市出身の大濱孝介さんが市長を表敬訪問されました

市政情報を掲載しています。


スペシャルオリンピックスで銅メダルを獲得した本市出身の大濱孝介さんが市長を表敬訪問されました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月28日更新 <外部リンク>

3月にオーストリアで開催された2017年スペシャルオリンピックス冬季世界大会において、アルペンスキー・ジャイアントスラロームで銅メダルを獲得された大濱孝介選手(31歳)が、平成29年4月27日に山口市長を表敬訪問されました。
スペシャルオリンピックスは、知的障がいのある人々にスポーツトレーニングの機会とその成果の発表の場である競技会を提供する国際的な組織で、4年ごとに夏季・冬季の世界大会が開催されています。今大会には、107の国と地域から約2,700人ものアスリートが参加しました。

初出場の今大会で銅メダルを獲得された大濱選手は、「待ち時間などにいろいろな国の人と接することができたのが思い出深い。メダルを獲得したときはとにかく嬉しかった」と喜びを語られました。
市長は、「昨年、新潟で行われた国内大会ですばらしい成績を収められ、報告に来ていただいたが、この度は世界大会で見事に銅メダルを獲得され、大変感動している。これからもがんばってください」と激励の言葉を送りました。

市では、今後も相談支援や障がい福祉サービスなどを通じて、障がいのある方が生き生きと安心して暮らせるよう取り組んでまいります。

記念写真
大濱選手(中央)と市長(左から3番目)らの集合写真

歓談される大濱選手と市長
獲得したメダルや現地での思い出等について歓談されました

この内容に関する問い合わせ先

障がい福祉課 Tel 083-934-2988

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。