ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 山口市シニア生活応援サイト > 後期高齢者医療制度における限度額適用・標準負担額減額認定証
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > 救急・医療 > 山口市シニア生活応援サイト > 後期高齢者医療制度における限度額適用・標準負担額減額認定証

後期高齢者医療制度における限度額適用・標準負担額減額認定証

印刷用ページを表示する掲載日:2013年8月30日更新 <外部リンク>

限度額適用・標準負担額減額認定証について

限度額とは、1か月あたりの医療費の自己負担額の上限である「自己負担限度額」をいいます。

標準負担額とは、入院中の食事代の自己負担分をいいます。

区分2または区分1に該当する方が、上記の適用・および減額を受けるには、医療機関窓口において保険料と併せて「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要ですので、あらかじめ申請してください。

※療養病床に入院された場合の自己負担額については、異なります。

※詳細については、下記の関連リンク「山口県後期高齢者医療広域連合ホームページ」をご参照ください。

申請に必要なもの

 ・本人確認ができる身元確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)
 ・個人番号(マイナンバー)が確認できる書類(通知カード、個人番号カードなど)
 ・後期高齢者医療被保険者証
 ・県外からの転入の場合は、前住所地の市区町村発行の後期高齢者医療負担区分等証明書
 ・長期認定の申請をされる場合は、入院期間の分かるもの(領収書など)

申請場所

各総合支所または各地域交流センター(次は除く。大殿、白石、湯田、小郡、秋穂、阿知須、徳地、阿東)及び分館、市大海総合センター

関連リンク

 山口県後期高齢者医療広域連合ホームページ<外部リンク>

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。