ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日常生活用具の給付

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

防火等の配慮が必要な高齢者へ火災警報器(設置義務か所への設置を除く)、自動消火器、電磁調理器を給付することで、日常生活の便宜を図ります。

サービスを利用できる方及び給付限度額

 下記表のとおり

利用料金

 給付限度額を超えた部分についてはご負担いただきます。また、介護保険料の所得段階に応じて費用の一部をご負担いただきます(0円から全額負担)。

お問い合わせ先

 担当地域の地域包括支援センターへお問い合わせください。

サービスを利用できる方及び給付限度額

種目サービスを利用できる方給付限度額
火災警報器認知症または物忘れが多く火災を起こすおそれのある65歳以上(主にひとり暮らし)の方(消防法により義務付けられた箇所への設置を除く)15,000円
自動消火器認知症または物忘れが多く火災を起こすおそれのある65歳以上(主にひとり暮らし)の方17,000円
電磁調理器認知症または物忘れが多くガス調理器具の使用により、火災を起こすおそれのある65歳以上(主にひとり暮らし)の方40,000円

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。