ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 市の入札・契約 > 入札契約制度 > 工事積算内訳書の公表方法の変更(令和元年10月1日)

工事積算内訳書の公表方法の変更(令和元年10月1日)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月19日更新 <外部リンク>

山口市では次のとおり、入札・契約制度を改正することとしました。

1.改正内容
 山口市建設工事積算内訳書事後公表要綱の一部改正

 入札を実施した場合、設計金額130万円超の土木系工事の工事積算内訳書の詳細(レベル6)の公表については、これまで山口市情報公開条例に基づく公開で対応していましたが、ウェブサイトに掲載して公表することとします。

2.施行期日
 令和元年10月1日に入札を行う工事から適用

 改正内容等の詳細については、関連書類からご確認ください。
 また、関連要綱等については関連リンクのほかにもありますので要綱一覧等でご確認ください。

関連リンク

関連書類 ※ダウンロードします。 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)