ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農林政策課 > 森林環境譲与税の使途について

森林環境譲与税の使途について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年10月1日更新 <外部リンク>

森林環境譲与税の使途について

  

 平成31年4月から、「森林経営管理制度」がスタートしており、この制度の財源として国から「森林環境譲与税」が譲与されます。この譲与税は、「森林環境税および森林環境譲与税に関する法律」第34条第3項の規定に基づき、使途について公表が義務付けられています。

 以下の添付ファイルでご確認ください。

 令和元年度 森林環境譲与税の使途 [PDFファイル/95KB]

 

山口市における森林経営管理制度の進め方

 

 森林経営管理制度とは、手入れが不足したスギ・ヒノキ人工林について、市町村が森林所有者から委託を受け直接経営管理することや、林業経営者に再委託することにより、適切な森林管理と林業経営の効率化の両立を図る制度です。

 山口市における進め方は以下のとおりです。

 (1) 森林所有者へ森林の管理に対する意向調査を行います。

 (2) (1)で市に管理の委託を希望された森林の管理方法を決定します。

 (3) (2)で市が管理することになった森林について、林業経営に適した森林は林業経営者に再委託します。

 意向調査実施の区域、及び順番は下記「意向調査の実施区域及び実施順」のとおりです。

 意向調査の実施区域及び実施順 [PDFファイル/128KB]

 この他、森林整備に係る林業経営体への支援策については、森林環境譲与税を活用した「森林経営管理事業(支援策)」として、林業経営者への補助を通じて森林整備の促進を図ります。支援策の内容については下記PDFファイルをご覧ください。

 森林経営管理事業(支援策) [PDFファイル/339KB]

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)