ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 農業 > 新しく農業を始めるあなたを支援します(山口市徳地新規就農者技術習得支援施設(チャレンジ農場))

新しく農業を始めるあなたを支援します(山口市徳地新規就農者技術習得支援施設(チャレンジ農場))

印刷用ページを表示する掲載日:2016年11月30日更新 <外部リンク>

山口市では、山口市徳地新規就農者技術習得支援施設(チャレンジ農場)の研修生を募集しています。

 施設の設置目的

山口市では、担い手の高齢化、減少などによる農業生産力の低下から、農業の担い手対策を緊急課題として取り組み、新規就農者の確保、育成のための施設として、新規就農者技術習得支援施設を整備しています。

施設での研修内容


専門技術職員と関係機関の協力により、充実した研修指導を行います。
栽培実習(イチゴ、ピーマン、やまのいも、水稲など)、ミーティング、視察研修、就農計画策定、地区行事参加など)

研修生への支援

  1. 研修生専用住宅:研修期間中の住宅として研修生専用住宅(3戸)を用意。月額家賃1万円
  2. 研修費助成:研修期間中、月額12万5千円を助成
  3. 住宅・農地:研修終了後、農業経営を開始するために必要な住宅や農地について、情報提供や斡旋を行います。
  4. 施設整備等:研修終了後、農業経営を開始するために必要な施設整備・機械導入等については、補助事業(事業費の2分の1程度を助成)や低利の融資制度などを活用すること出来ます。

※補助事業、融資制度の内容については毎年度変更されますので、詳細は御相談ください。

申請方法等

研修定員

3名程度

研修期間

2年間

応募資格

研修開始年度の4月1日において18歳以上50歳未満であって、研修終了後、山口市(原則として徳地地域、阿東地域、仁保地区、小鯖地区に限る)に居住し就農する方

選考方法

書類審査の上、認定審査会(面接)により応募者の中から決定します。

応募手続

申込書受付期間・・・随時
面接・・・原則として1月と7月で日時は後日連絡します。
研修開始年月・・・原則として4月1日または10月1日

提出書類

申込書・・・別に定める様式「様式第1号」
履歴書・・・市販の様式
写真・・・応募3カ月以内に撮影した無帽、正面、上半身像の写真

申込先

〒753-8650
山口市亀山町2-1
山口市役所経済産業部 農林政策課 担い手担当

研修生の決定

正式な研修生として決定された場合

研修開始年月よりチャレンジ農場において2年間の研修を行っていただくことになります。

条件付きの体験研修生として決定された場合

チャレンジ農場において半年程度の体験研修を行っていただくことが可能です。体験研修後、改めて申請いただき、審査会において決定されれば、正式な研修生となることが可能です。ただし、研修期間中は研修費の助成はありません。  

地図(Googleマップ)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)