ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健診・予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチンの接種について検討されている皆さんへ

子宮頸がん予防ワクチンの接種について検討されている皆さんへ

印刷用ページを表示する掲載日:2021年4月1日更新 <外部リンク>

子宮頸がん予防ワクチンについては、予防接種法に定められている定期予防接種ですが、積極的勧奨を差し控えている状況です。

この度、子宮頸がん予防ワクチン定期予防接種について厚生労働省よりリーフレットが改訂されました

詳細は下記の厚生労働省作成のリーフレットをご参照ください。

接種に当たっては、ワクチンの「意義・効果」と「接種後に起こりえる症状」の両方について確認し、事前にかかりつけ医と御相談ください。

  
 
接種場所各実施医療機関(詳細はやまぐちのお医者さんnavi<外部リンク>をご確認ください。 
接種に必要なもの

(1)母子健康手帳

(2)予診票(各実施医療機関または各保健センターに備え付けています)※保護者の署名が必要です

対象年齢

12歳となる日の属する年度の初日(小学校6年生)から16歳となる日の属する年度(高校1年生)の末日 までの間にある女子

ワクチンの種類

2種類(サーバリックス、ガーダシル)あります。間隔をあけて、同じワクチンを合計3回接種します。

※接種するワクチンによって接種のタイミングが異なります。どちらかを接種するかは、接種する医療機関に相談してください。

ワクチンのスケジュール
ワクチン名標準的な接種間隔

標準的な接種間隔で接種できなかった場合

ワクチンスケジュール
サーバリックス(2価)

1回目

↓ 1か月の間隔

2回目

↓ 1回目から6か月以上の間隔

3回目

1回目

↓ 1か月以上の間隔

2回目

↓ 1回目から5か月以上かつ、2回目から2か月以上の間隔

3回目

ガーダシル(4価)1回目

↓ 2か月の間隔

2回目

↓ 1回目から6か月以上の間隔

3回目

1回目

↓ 1か月の間隔

2回目

↓ 3か月以上の間隔

3回目

 

 高校1年生に相当する年齢の女子の皆さんへ

  • 高校1年生に相当する年齢の女子の皆さんは、子宮頸がん予防ワクチンの定期予防接種(無料)が受けられる最後の年(令和4年3月31日まで)になります。
  • ワクチンのスケジュールは、上記を参考にしてください。

 

      

     

    関連リンク

    このページは分かりやすかったですか?

     市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
     なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

    お求めの情報が十分掲載されていましたか?
    ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
    この情報をすぐに見つけることができましたか?
    良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

    本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

    ※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

    Adobe Reader<外部リンク>

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)