ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 新型コロナウイルス感染症に係る障害支援区分認定の臨時的な取扱いについて

新型コロナウイルス感染症に係る障害支援区分認定の臨時的な取扱いについて

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月18日更新 <外部リンク>

障害支援区分の認定有効期間の延長措置について

 

新型コロナウイルス感染症に係る厚生労働省からの通知に基づき、臨時的に障害支援区分認定の有効期間の延長措置をとることとしました。

新型コロナウイルス感染症への対応のため、下記の対象となる方は、事前に電話等でご相談ください。

 

【対象となる方】

障害福祉サービスの障害支援区分の更新申請の方で、以下のいずれかに該当する方

・新型コロナウイルス感染症への対応のため、障害者支援施設や病院等において、面会を禁止する等の措置により認定調査が困難である方
・在宅の方で、感染拡大予防の観点から、認定調査を希望されない方

 

【市の対応】

当該サービス受給者の従来の障害支援区分の認定有効期間を、12カ月までの範囲内で延長します。

後日、認定有効期間及び支給決定期間を延長した受給者証を郵送します。(更新のための申請書の提出は不要ですが、申請書とは別に提出が必要な書類がある場合には、相談時にお伝えします。)

 

【その他】

・認定調査(面会等)が可能な方は、通常どおりの手続きとなります。(更新のための申請書の提出が必要です。)

・新規申請及び区分変更申請については、今回の臨時的な取扱いの対象外です。

・臨時的な取扱いとなりますので、今後国からの通知等により、上記の取扱いが変更となる可能性があります。

 

 ご不明な点等ありましたら、下記担当へお問い合わせください。

 

関係書類

 【厚生労働省通知】新型コロナウイルス感染症に係る障害支援区分の認定等の臨時的な取扱いについて(その2) [PDFファイル/39KB]

   

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)