ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境施設課 > 清掃工場ごみピット内での出火について

清掃工場ごみピット内での出火について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年6月25日更新 <外部リンク>

 清掃工場において、搬入された可燃ごみを一時的に貯めるごみピット内のごみが出火するという事案が、令和3年3月25日(木)及び4月6日(火)に発生しました。

 いずれも早い段階で発見され、現場職員の初期消火により火災には至っていません。

 原因については、特定が困難な状況にありますが、発火を引き起こすごみが混入していた可能性があります。

ごみピット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(市民及び事業者の皆様へのお願い)                                        発火する可能性のある「ごみ」の出し方に注意してください

 ライターやスプレー缶、乾電池、モバイルバッテリー等が不適切な分別のまま排出されると、ごみ集積場や収集車、清掃工場での火災・爆発の原因となり、大変危険です。これらのごみは、正しく分別していただき、可燃ごみには絶対に入れないでください。

  • ライターは中身を使い切り、他のごみとは別の中身のみえる袋に入れ「不燃ごみ」として出してください。故障等により使い切ることが出来ない場合は、「不燃物中間処理センター」へ持ち込んでください。

 次のものは、自治会のごみステーション(集積所)には出せません。

 各総合支所や各地域交流センター等に設置してある「専用の回収ボックス」へ出してください。

  1. スプレー缶、カセットボンベ・・・中身を使い切り、穴を開けてください。
  2. 小型充電式電池、モバイルバッテリー、ボタン電池・・・端子部分をビニールテープで覆ってください。(発火する可能性があるため)
  3. 電子たばこ、加熱式たばこ・・・内臓されている充電式電池は、取り出す必要はありません。また、メーカーも関係ありません

     ※2・3の回収ボックスは、市施設の屋内に設置しているため、開庁時間帯のみ利用可能です。

 詳細は、市が配布している「ごみ資源収集カレンダー」および「ごみ分別の手引き」、「山口市 LINE 公式アカウント」または関連リンクでご確認ください。

関連リンク 

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。