ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > ごみ・環境(しごと) > ごみ・資源物 > 事業所や施設等における新型コロナウイルス感染症対策としてのごみの捨て方について

事業所や施設等における新型コロナウイルス感染症対策としてのごみの捨て方について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月8日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症対策としての事業所から出るごみの捨て方

新型コロナウイルスなどの感染症に「感染した疑いのある方」や「感染した方」などが事業所にいらっしゃる場合、使用済みマスクやティッシュ等のごみや清掃、消毒作業時に使用した使い捨て手袋などを捨てる際の注意事項は以下のとおりです。

『ごみの捨て方』

  1. ごみ箱にごみ袋をかぶせて、その中にマスク等を入れます。
  2. いっぱいになる前に早めにごみ袋をしばって封をしましょう。
  3. 別のごみ袋に入れて燃やせるごみに出しましょう。
  4. ごみを捨てた後は石鹸を使って、流水で手をよく洗いましょう。

ごみの捨て方

※感染の疑いのあるごみは、ビニール袋に入れて密閉して捨ててください(二重袋)。

※宿泊療養施設では、ごみを注意深く取り扱いましょう。

※医療関係機関から出るごみの捨て方は、下記のページを御確認ください。

 

関連情報

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)