ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境政策課 > 移動図書館「ぶっくん」の運行に係るカーボン・オフセットの取組

移動図書館「ぶっくん」の運行に係るカーボン・オフセットの取組

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月1日更新 <外部リンク>

市では、移動図書館「ぶっくん」が排出する二酸化炭素を、カーボン・オフセットする取組を始めました。

 

   カーボン・オフセット写真2  カーボン・オフセット写真1

  

実施期間

令和元年7月1日から令和2年3月31日まで

対象車両

山口市立図書館の移動図書館「ぶっくん」のグリーン号とブルー号

カーボン・オフセットとは

カーボン・オフセットとは、日常生活や企業等の活動で、どんなに努力をしても発生してしまう二酸化炭素(=カーボン)を、森林による吸収や省エネ設備への更新により創出された他の場所の削減分で埋め合わせ(=オフセット)する取組です。
市では、エコフレンドリーオフィスプラン(山口市地球温暖化対策実行計画(事務事業編))に基づき地球温暖化対策に取り組んでおり、これまでに「やまぐちエコパークまつり」の来場者の自動車使用や「山口ゆめ花博」内の足湯の温泉水輸送に係るカーボン・オフセット等、環境に配慮した事業を実施しています。

カーボン・オフセットの方法

令和元年7月から令和2年3月までの期間、移動図書館「ぶっくん」2台の想定燃料使用量から算定した二酸化炭素排出量について、「一般社団法人木質ペレット推進協議会山口支部」が創出したJ-クレジットを購入してカーボン・オフセットを実施しています。

関連リンク

J-クレジット制度<外部リンク>

山口市立図書館<外部リンク>

「エコフレンドリーオフィスプラン(山口市地球温暖化対策実行計画(事務事業編))」を策定しました

クールチョイス公式ホームページ<外部リンク>

 

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。