ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 行財政 > 行政改革 > 令和3年度組織改編のお知らせ

令和3年度組織改編のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月29日更新 <外部リンク>

1.基本的な考え方

コロナ禍において明らかとなった課題や変化をはじめ、今後の人口減少・少子高齢化の進展に伴う課題や、便利で豊かな未来社会「Society5.0」の実現に向けたデジタル化の流れにしっかりと対応するため、4月1日付けで組織の一部を改編します(一部2月1日付けで実施)。主な内容は次のとおりです。

2.組織体制の整備

新型コロナウイルス感染症対策にあわせた健康増進課の体制強化

健康増進課を「新型コロナウイルス感染症対策室」「健康づくり担当」「地域医療担当」の1室2担当制に

健康増進課の2 担当制を見直し、ワクチン接種の迅速かつ円滑な推進、地域外来・検査センターの運営等の感染症対策等を担う「新型コロナウイルス感染症対策室」を設置し(2月1日先行設置)、市民の健康づくり、栄養改善指導、保健師活動等を担う「健康づくり担当」、(仮称)徳地診療所の設置をはじめとする地域医療提供体制の整備、休日・夜間急病診療所等の運営や健康診査の実施等を担う「地域医療担当」の1室2担当制に強化します。

デジタル化推進体制の強化

情報企画課を「デジタル推進課」に改称

国のデジタル化の流れに迅速に対応し、オンラインで完結できる手続の対象拡大や、タブレット端末等を活用した「書かなくていい窓口」への段階的な転換など、市民の皆さんの利便性向上につながる取り組みを加速化します。

市民課に「マイナンバーカード交付担当」を設置

デジタル化の基盤となるマイナンバーカードの交付体制を強化します。

学校教育課の情報化支援担当を「デジタル教育推進室」に改称

先進の教育環境づくりとして、小中学校における1人1台のパソコンやデジタル教科書等の活用にあたり、学校への支援体制を強化することにより、デジタル教育の更なる充実を図ります。

成年後見制度の相談支援体制の構築

高齢福祉課に「成年後見担当」を設置

認知症等で判断能力が不十分となった人の財産管理や福祉サービスの契約等を支援する「成年後見制度」の相談支援窓口のワンストップ化のための体制を整備します。

子ども・子育て支援のための体制整備

こども未来課、保育幼稚園課の体制強化

子ども・子育て支援に関する事業の拡充により業務が複雑化、多様化していることから、体制の強化を図るため、こども未来課内の「こども支援担当」を「こども企画担当」、「手当給付担当」の2担当に、保育幼稚園課内の「保育幼稚園担当」を「管理担当」、「認定給付担当」、「施設担当」の3担当に分割します。

消防業務の体制整備

救急救助課の救助担当を警防課へ移管し、「警防・救助担当」に

災害時における消火活動等の警防業務と人命救助との一層の連携強化を図るため、救急救助課内の「救助担当」を警防課へ移管し、「警防担当」と統合して「警防・救助担当」に改称します。

救急救助課を「救急課」に改称

救急業務のさらなる高度化を推進し専門的に対応するため、「救急救助課」を「救急課」に改称します。

通信指令課に「消防指令センター準備室」を設置

新本庁舎整備と同時に山口市、萩市、防府市の3 市の枠組みで行う消防通信指令業務の共同運用の準備を進めるため、通信指令課内に「消防指令センター準備室」を設置します。

 

3. 関連書類

組織機構図(令和3年4月1日時点) [PDFファイル/193KB]

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)