ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 国際交流課 > 「スペイン応援ポスター」募集

「スペイン応援ポスター」募集

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月12日更新 <外部リンク>

山口市は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けてスペインのホストタウンとして、様々な交流事業を行いながら、スペインを応援しています。
来年のオリンピック開催に向けて、日本選手とともにスペインの選手も応援する機運を高めるため、2020年(令和2年度)に制作するポスターを募集します。

※募集は終了しました。

「スペイン応援ポスター」募集について [PDFファイル/694KB]

参考資料

伝統行事

スペインナバラ州のパンプローナ市では、毎年7月に牛追い祭り(サン・フェルミン祭り)というお祭りが開催されます。
このお祭りでは、街中を人と牛が入り混じって走る「牛追い」や、巨大人形のパレードなどが行われます。パレードでは全長約3.5メートルの巨大人形のほか、大きな仮面をかぶったキリコ(頭でっかち)たちが道行く人々をスポンジで叩き、お祭りを盛り上げています。

巨大人形は5大陸からの王様をモチーフにしていますが、中には山口市の大内氏を模した侍のキリコも存在し、パレードに参加しています。

牛追い祭りの様子
牛追い祭り(サン・フェルミン祭り)の様子

巨大人形1巨大人形2
牛追い祭りに現れる巨大人形

キリコ1
道行く人々をスポンジでたたくキリコ(頭でっかち)

キリコ2
日本人(大内氏)を模したキリコ

 

スペインでは、それぞれの地域のお祭りで様々な伝統舞踊が踊られています。こちらの写真は、バスク地方のオチャガビア町で毎年9月8日に行われている聖母マリアに捧げる踊りと、ビルバオ市のお祭りで行われるバスク伝統舞踊「ダンツァ」です。

伝統舞踊1
聖母マリアに捧げる踊り

伝統舞踊2
バスク伝統舞踊「ダンツァ」

歴史的建造物

アルハンブラ宮殿は、スペインのグラナダ市にある世界遺産です。スペインはアルハンブラ宮殿を含めて47個の世界遺産があり、世界で3番目に世界遺産が多い国です。

アルハンブラ宮殿
アルハンブラ宮殿

 

オリテ城は、スペインナバラ州中部にある王城です。ナバラ王国時代、ナバラ王家の居住地として使用されていたオリテ城は現在ナバラ州の最も人気のある観光地です。

オリテ城
オリテ城

ハビエル城
ハビエル城

ホストタウンについてや、これまでのスペインとの交流事業について等は山口市のホストタウンとしての取り組みをご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)