ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 国際交流課 > JICA海外協力隊が出発挨拶のために来庁されました

JICA海外協力隊が出発挨拶のために来庁されました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年1月4日更新 <外部リンク>

 平成30年12月19日(水曜日)に、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施しているJICAボランティア事業による青年海外協力隊として派遣が決まった、本市出身の松本沙織さん(秋穂地域)と、斎藤稜さん(宮野地域)の2名が、本市の伊藤副市長を訪問され、出発の挨拶をされました。
 派遣期間は平成31年(2019年)1月から2021年の1月までの2年間で、松本さんは看護師として、モンゴルのドルノド県東部地域診断医療センターに、斉藤さんは、ボツワナのマロベラ職業訓練校にそれぞれ配属され、現地で活動します。
 松本さんは「子供の頃から海外ボランティアに興味があった。モンゴルは言葉も難しく不安もあるが、日本と違う環境の中でしっかりがんばりたい」と、斎藤さんは「自分の木工の技術を現地で生かしたい」と抱負を語りました。
 副市長は「本市から志高い若者が世界で活躍することは本当に誇りに感じます。長くて短い2年間になると思うが、体調に気をつけてしっかり任務を果たしてください」と激励しました。
 

jica

抱負を述べる松本沙織さん(左)と斎藤稜さん(右)

 

jica2

(左から)交流創造部の江藤部長、伊藤副市長、松本さん、斎藤さん

 

 

ご案内

問い合わせ先市国際交流課
電話番号 083-934-2725