ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財保護課 > 凌雲寺跡第10次調査の現地説明会を開催します

凌雲寺跡第10次調査の現地説明会を開催します

印刷用ページを表示する掲載日:2022年1月13日更新 <外部リンク>

市では、5月から凌雲寺跡の発掘調査を行っています。

凌雲寺跡は大内義興(よしおき)が創建したと伝えられ、昭和34(1959)年に国の史跡に指定されています。

今回の調査地点は史跡指定地の中央部で、調査の結果、寺院に関連すると考えられる遺構や瓦などが確認されています。

当日は、調査担当者が現場の状況を説明します。

■日時:令和4年2月19日(土曜日) 午前10時~11時30分(小雨決行、荒天中止)

■場所:大内氏遺跡凌雲寺跡(山口市中尾)

■駐車場:凌雲寺跡見学者駐車場もしくは臨時駐車場をご利用ください。

■料金等:無料、申込不要

※説明会の場所、駐車場については、こちらをご覧ください。現地説明会会場等案内図 [PDFファイル/4.58MB]

  説明会当日は、マスク着用・消毒・検温にご協力ください。

  新型コロナウイルスの感染状況により中止とさせていただく場合があります。

 

 発掘調査状況

 

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)