ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財保護課 > 関連文化財群とは

関連文化財群とは

印刷用ページを表示する掲載日:2021年6月29日更新 <外部リンク>

山口市内に存在する歴史文化資源を把握するために、地域のみなさんの御協力のもと、文化財把握調査を実施しました。

その成果をもとに、12の関連文化財群を設定しました。

関連文化財群とは、指定・未指定にかかわらず様々な歴史文化資源を歴史的・地域的関連性に基づき一定のまとまりとして捉えたものです。群として捉えることで、本市の歴史文化の特徴や価値を分かりやすく発信し、効果的に活用を図ることが可能となります。

(1) 多彩な地質・地形と造形美

(2) 重源による東大寺の再建とその足跡

(3) 今に息づく大内氏の歴史文化

(4) 毛利氏による開作のあゆみ

(5) 維新策源地・山口

(6) 県都山口

(7) 陸・川・海の道と交流の遺産

(8) 山口の黎明期における先人の暮らし

(9) 古代山陽道沿線に展開した工業地帯

(10) 地域資源を生かした産業

(11) 自然と向かい合った人々の努力の足跡

(12) 安穏な生活への願いと祈り


山口市内のさまざまな歴史文化資源についてはこちらをご覧ください。

山口の歴史文化資源

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。