ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
関係施設・団体紹介

カブトガニ懇話会

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月20日更新 <外部リンク>

 カブトガニ懇話会(代表 原田直宏)は1997年に発足し、山口県に生息するカブトガニ(環境省レッドデータブック絶滅危惧種)の調査・保護・啓発活動をされています。主な調査内容は、カブトガニ幼生の生息調査、産卵調査の実施、カブトガニに関する情報や各種調査結果を取りまとめた「カブ研だより」の発行をされています。

主な関わり

 原田直宏代表は、椹野川河口域・干潟自然再生協議会の委員として、カブトガニワーキンググループのリーダーも兼任されています。

 現在、長浜や南潟の干潟をフィールドとして、カブトガニ幼生の生息調査、産卵調査を実施され、山口湾におけるカブトガニの保護活動など精力的に活動されています。

カブトガニ懇話会<外部リンク>

会員募集中です。

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。