ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 椹野川河口干潟の再生プロジェクトサイト > 山口大学工学部 社会建設工学科
関係施設・団体紹介

山口大学工学部 社会建設工学科

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月20日更新 <外部リンク>

 山口大学大学院創成科学研究科では、社会の持続的発展のため、豊かな生活を支える社会基盤の整備、自然と調和した社会を実現する環境保全技術の確立に向け、様々な分野での研究、人材育成が行われています。

主な関わり

 現在、南潟の干潟をフィールドとして、干潟の地形がカブトガニ幼生の生息環境に及ぼす役割の研究、土砂環境のモニタリング調査、環境DNA解析を生かしたあさりモリタリングの構築などの研究をされています。

 また、関根 雅彦 教授、山本 浩一 准教授は、椹野川河口域・干潟自然再生協議会の委員としても活躍されています。

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。