ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナワクチンに関するよくある質問

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月26日更新 <外部リンク>

このページでは、山口市における新型コロナワクチン接種に関するよくある質問を掲載します。
質問・回答は随時更新いたします。
なお、回答内容は掲載時点での情報であり、予告なく変更となる場合があります。

一般的なご質問は、Q&A(厚生労働省ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

1 接種順位

Q.接種順位はどのような順番ですか。

ワクチンは徐々に供給が行われることになりますので、一定の接種順位を決めて、接種を行っています。現時点では、次のような順で接種を受けていただく見込みです。
なお、国は、全国民分のワクチンの数量の確保を目指していますので、順番をお待ちいただく方々にも、後から順次接種を受けていただくことができる見込みです。

  1. 医療従事者等
  2. 高齢者、一定の要件を満たす高齢者施設の従事者
  3. 基礎疾患を有する方、高齢者が入所・居住する施設の従事者
  4. それ以外の方

Q.基礎疾患とはどういう病気のことですか。

次のいずれかに当てはまる方です。
1)以下の病気や状態の方で、通院や入院をしている方

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障がい等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障がい(重度の肢体不自由と重度の知的障がいとが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障がい者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障がい(療育手帳を所持している場合)

2)体格指数(BMI30以上)の肥満の方  ※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

Q.基礎疾患を有する方に当てはまるかどうかはどのように判断しますか。

予診票に、基礎疾患について記載する部分があります。
予診票でのご本人の記載をもとに、接種当日に問診または診察で医師が判断します。

Q.接種順位の「高齢者」とは何歳からのことをいうのですか。

令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方です。

2 接種時期

Q.高齢者はいつ接種できますか。

4月12日(月曜日)から開始しますが、ワクチン量が少ないことから、4月中は高齢者施設及び高齢化率の高い徳地地域、阿東地域の一部において接種を開始します。
その他の高齢者の方への接種は本格実施として5月10日(月曜日)から順次開始する予定です。今しばらくお待ちください。

3 接種券(クーポン券)

Q.接種券はいつ発送しますか。

高齢者の方には、3月31日(水曜日)に発送します
それ以外の方には、接種開始前までにはお送りしますが、具体的な発送時期は未定です。決まり次第、ホームページや広報等でお知らせします。

Q.接種券はどのように配布しますか。

接種券、案内文書、予診票、説明書を、対象となる市民の方に個別に郵送します。
接種が始まるまで大切に保管してください。

Q.接種券はどこに届きますか。

住民票がある住所に届きます。

Q.クーポン券と接種券は同じものですか。

「接種券」「診察したが接種できない場合(予診のみ)」「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」がシールになった台紙をクーポン券と称しています。接種の際はシールを剥がさず、そのままの状態でお持ちください。

接種券

4 接種場所

Q.どこで接種できますか

現在調整中です。決まり次第、ホームページや広報等でお知らせします。
山口市では、集団接種会場と、各医療機関における個別接種会場と両方を設置する予定です。

Q.山口市外でも接種できますか

住民票のある自治体での接種が原則ですが、国が示した以下の項目に当てはまれば、他自治体でも接種可能です。

  1. 出産のために里帰りしている妊産婦
  2. 単身赴任者
  3. 遠隔地へ下宿している学生
  4. ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  5. 入院・入所者
  6. 基礎疾患をお持ちの方が主治医の下で接種する場合
  7. 災害による被害にあった方
  8. その他、市町村長がやむを得ない事情があると認める方

なお、1~4の方は、接種を受けたい自治体への申請が必要となります。申請方法については、国から詳細が示され次第、ホームページや広報等でお知らせします。

5 予約方法

Q.予約はいつからできますか。

高齢者の方は、十分なワクチン量の供給量が見込まれる5月10日(月曜日)から順次接種が開始され、予約は4月26日(月曜日)から順次開始する予定です。
それ以外の方は、決まり次第、ホームページや広報等でお知らせします。

Q.予約はどうすればいいですか。

現在調整中です。決まり次第、ホームページや広報等でお知らせします。

6 相談窓口

Q.相談窓口はどこですか。

一般的なお問い合わせ(接種時期・場所、救済制度など)

山口市接種予約・相談センター

  • 電話番号:050-3644-7665
  • 受付日時:平日9時~17時(4月1日からは、毎日9時~20時)
    ※聴覚に障がいのある方は、FAX083-921-2672へお問い合わせください。
    ※多言語に対応しています。

専門的なお問い合わせ(有効性、安全性、副反応など)

山口県ワクチン接種専門相談センター

  • 電話番号:083-902-2277
  • 受付日時:毎日8時30分~17時30分

制度に関するお問い合わせ(施策、在り方など)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

  • 電話番号:0120-761770
  • 受付日時:毎日9時~21時

7 ワクチン

Q.接種回数は何回ですか。

2回です。2回目の接種では、1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。

Q.どのくらいの間隔をあけて2回目の接種を受けるのですか。

ワクチンの種類によって異なりますが、ファイザー社製は1回目から21日間の間隔をあけて2回目を接種します。

Q.ワクチンの種類は選べるのですか。

ワクチンは国から供給されますので、接種時期に供給されているワクチンを受けることになる予定です。

Q.接種にかかる費用はいくらですか。

無料です。
接種は、外国人も含め、接種の対象となるすべての住民の方が全額公費(無料)で受けることができます。

8 その他

Q.接種は必ず受けなければいけないのですか。

接種を受けるかどうかは、ご自身の判断になります。
新型コロナワクチンの接種は、市民の皆さんに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方についてご理解いただいた上で、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないよう、お願いします。

関連リンク

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。