ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康づくり > 新型コロナウイルス関連情報特設サイト > 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月23日更新 <外部リンク>

マスクの着けると皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調整がしづらくなってしまいます。暑さを避け、水分を摂るなどの「熱中症予防」と、マスク、換気などの「新しい生活様式」を両立させましょう。
密集、密接、密閉の「3つの密」を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障がい者への目配り、声掛けをするようにしましょう。

1 マスクの着用について

  • 高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。
  • マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。

 マスク

2 エアコンの使用について

  • 一般的な家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気を行っていません。冷房時でも、「窓とドアなど2か所を開放」したり、「扇風機や換気扇を併用」する必要があります。
  • 換気により室内温度が高くなりがちです。喚起後は、エアコンの温度設定を下げるなどの調整をしましょう。

3 涼しい場所への移動について

  • 少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動しましょう。
  • 人数制限等により屋内の店舗等にすぐに入ることができない場合は、屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動しましょう。

4 日頃の健康管理について

  • 毎朝など、定時の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症予防にも有効です。
  • 体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。