ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

山口市道路認定について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月16日更新 <外部リンク>

山口市道路認定とは、国道や県道と並び、「道路法」に基づき定められる「道路法上の道路」として、市内の道路を認定することをいいます。

市道として認定された道路は、一般の交通の用に供すると共に、市において路面補修などの維持管理を行います。

既存の道路を市道として認定するにあたりましては、「山口市道路認定基準要綱」に定める諸条件を満たす必要がありますので、地元自治会単位で事前にご相談をいただきました後、市において現地調査を行ったうえで、認定の可否について審査をいたします。

審査の結果、当該要綱に定める諸条件を満たし、公共性があると判断した道路につきましては、市議会(6月、9月、12月、3月の年4回)の議決を経て認定し、道路区域の決定、供用開始の手続きを行った後、市道として一般に利用されることとなります。

関連書類 ※ダウンロードします。 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)