ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり > ターミナルパーク整備事業 > 新山口駅北地区重点エリア整備(市街地形成)の概要

新山口駅北地区重点エリア整備(市街地形成)の概要

印刷用ページを表示する掲載日:2011年4月1日更新 <外部リンク>

新山口駅北地区重点エリア(A・B・Cゾーン)新山口駅北地区重点エリア整備は、小郡都市核エリアのうち新山口駅表口西側一帯の約12ヘクタールを官民が一体となって重点的に空間整備を行う「重点エリア」として位置づけ、新たな市街地の形成を進めるものです。
重点エリア内の土地利用をA・B・Cの3ゾーンに区分し、先行整備地区Aゾーンについては、多様な交流を通じて新たな知恵や創造性が生まれる仕組みとして、多目的ホールや産業支援機能を備えた拠点施設を整備します。
Bゾーン、Cゾーンについては、民間誘導地区として民間主導による整備を促進します。

整備コンセプト

「都市と自然が調和し、未来をつなぐ磁空間 ターミナルパーク」

政策目標

  • にぎわい  県の陸の玄関にふさわしいにぎわいの創出
  • 個性・価値 求心力の高い個性・価値の創造
  • 持続可能性 持続可能な広域経済・交流圏の形成

持続可能な広域経済・交流圏の形成に向けたアウトカム目標

  • 既存事業・産業の振興
  • 交流人口経済の拡大
  • オープンイノベーションを通じた新たな価値や交流の共創

これまでの経緯

年月内容
平成22年3月新山口駅北地区重点エリア整備方針を策定
平成25年3月小郡都市拠点の機能強化に向けた整備基本計画を策定
平成27年7月新山口駅北地区重点エリア拠点施設整備実施計画

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。