ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

山口市景観計画

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

 山口市では、地域の景観への配慮を通じ、地域の特性を生かした景観形成に取り組んでいくため、平成25年3月、山口市景観計画を策定しました。
 景観計画とは、景観法に規定される良好な景観の形成のための計画で、本市では、市全域を対象に、建築行為等に際しての景観形成基準などを定めています。
 今後、市内で家を建てられる場合などは、景観計画に定められた景観形成基準を遵守していただく必要があり、また、一定規模以上の建築行為等は、景観法に基づく届出が義務づけられることとなります。
 本計画の趣旨をご理解の上、ご協力をお願いいたします。

届出が必要な区域

 山口市景観計画では、市全域を届出が必要な景観計画区域として設定しており、地域の景観特性に応じた区域の区分等も行っています。
 それぞれの区域で景観形成基準や届出の対象となる行為等が定められています。

※本市では、景観形成基準の内容を参考図・写真などにより分かりやすく解説した「景観デザインガイドライン(関連リンク)」を別途用意しています。その他景観法に基づく届出制度の手続きなどの解説も載せておりますので、是非ご活用ください。

関連リンク

関連書類 ※ダウンロードします。 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)