ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり > 都市計画 > 新山口駅北地区都市空間デザイン指針を策定しました

新山口駅北地区都市空間デザイン指針を策定しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月31日更新 <外部リンク>

 山口市では、新山口駅北地区において景観に対する考え方を示すとともに、景観形成重点地区の指定に向けた基本的な考え方となる「新山口駅北地区都市空間デザイン指針」を策定しました。

 この都市空間デザイン指針は、都市空間のあり方や考え方とその内容を分かりやすく解説するもので、これからのまちづくりの様々な場面において参照される道しるべとしての役割を果たすものです。今後、新山口駅北地区において個々の建築行為等を行う場合の景観まちづくりの参考としてご活用ください。

 また、新山口駅周辺地区は、平成25年に策定した山口市景観計画において、積極的な景観形成を推進していくべきであると考えられる景観形成重点地区の候補に位置付けられており、きめ細やかな景観形成に取り組んでいくこととしています。
 これから、都市空間デザイン指針での考え方を基盤として、新山口駅北地区の景観形成重点地区の指定に向けた具体的な範囲や基準等を検討していきます。

新山口駅北地区都市空間デザイン指針

関連リンク

関連書類 ※ダウンロードします。 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)