ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康づくり > 腸管出血性大腸菌感染症を予防しましょう

腸管出血性大腸菌感染症を予防しましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月27日更新 <外部リンク>

腸管出血性大腸菌感染症は、夏から秋にかけて患者数の増加がみられます。市民の皆さんも、日ごろから、十分な手洗いと食品の十分な加熱等、感染予防対策に努めるとともに、腹痛や下痢等の症状がある場合は、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

予防策等

  1. 調理前や、排せつ物を触った後は、石けんでよく手を洗いましょう。
  2. 食品は、中心部までよく加熱(75℃、1分以上)し、調理後は、なるべく早く食べましょう。
  3. 小児や高齢者などは、生肉を食べないようにしましょう。

問い合わせ先

山口県山口健康福祉センター 
電話083-934-2533
山口市保健センター
電話083-921-2666

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。