ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大腸がん検診を受けましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新 <外部リンク>

大腸がんは急増しており、毎年4万5千人以上の人が命を落としています。特に女性では部位別死亡率のトップです。
早期発見なら完治が可能です。
大腸がん検診を受けた人は、受けなかった人に比べ大腸がんによる死亡率が約70%低下しています。

事前予約し、検査キットを入手して、受診の際は「平成29年度がん検診等受診券」をお持ちください。

検査方法

  • 問診
  • 免疫便潜血検査(二日法):少量の便を2回採取して提出し、便中の血液(ヘモグロビン)の有無を調べる検査です。

事前に検査キットが必要です。

  • 集団検診
    各保健センター等及び肺がん検診会場で配布します。
    (郵送を希望される場合は、提出日の10日前までに各保健センター等にご連絡ください。)
     
  • 個別検診
    実施医療機関で検査キットを入手してください。

 

対象

  • 40歳以上の山口市民の方
    *本年度に40歳に到達される方も含みます。

 

種別

各保健センター電話番号
集団検診の予約先
山口市保健センター(083)921-2666
小郡保健福祉センター(083)973-8147
徳地総合支所 健康づくり第三担当(0835)52-1114
阿東保健センター(083)956-0993

 

実施期間

  • 集団検診:平成29年6月20日から11月9日
     
  • 個別検診:平成29年6月1日から12月20日
    ※検体提出日が12月20日までです。

 

自己負担金

  • 集団検診:300円
     
  • 個別検診:900円

自己負担金が500円になる方(個別検診のみ)

以下のいずれかに該当する方は、個別検診を受診する際の自己負担金が500円になります。

  1. 70歳以上の方
    (70歳の誕生月の翌月から対象になります。1日生まれの方は誕生月から対象になります。)
  2. 「後期高齢者医療被保険者証」をお持ちの65~69歳の方(一定の障がいのある方)で、検診当日提示された方
  3. 70歳未満の市民税非課税世帯の方(すべての世帯員が市民税を課税されていない場合)

3の方は事前に申請をしてください。

必要書類
  • 平成29年度がん検診等受診券
  • 世帯全員分の平成29年度(平成28年中)の所得・課税証明書
    (所得・課税証明書は、市民課・各総合支所総合サービス課・各地域交流センター等で発行しています。手数料が必要です。
    証明は、必要な証明年度の1月1日に住所のあった市町村が交付しますので、転入の方は事前にご確認ください。)
申請先
  • 山口市保健センター
  • 小郡保健福祉センター、秋穂総合支所総合サービス課、阿知須総合支所総合サービス課
  • 健康増進課健康づくり第三担当(徳地総合支所)、徳地地域交流センター各分館
  • 阿東保健センター、阿東総合支所総合サービス課、阿東地域交流センター各分館

生活保護世帯の方

検診当日に「医療依頼証兼生活保護費受給者証」を提示された方は無料です。

節目年齢の方

平成29年度の無料対象者は、平成29年4月1日現在の年齢が以下の方です。

  • 40歳:昭和51年4月2日から昭和52年4月1日生まれの方
  • 45歳:昭和46年4月2日から昭和47年4月1日生まれの方
  • 50歳:昭和41年4月2日から昭和42年4月1日生まれの方
  • 55歳:昭和36年4月2日から昭和37年4月日生まれの方
  • 60歳:昭和31年4月2日から昭和32年4月1日生まれの方

「平成29年度がん検診等受診券」の大腸がん検診の欄に、無料と記載があります。ただし、「平成29年度がん検診等受診券」がない場合は有料となります。

 

注意事項

  • 集団検診では、採便後3日以上経過した検体は正しい検査ができないため、受け付けることが出来ません。提出日にあわせて採便してください。
  • 本人が検体をお持ちされない場合は、必ず本人が記入した問診票をことづけてください。
  • 集団検診は検体提出日が限定されます。提出日にご都合の悪い方は医療機関で個別検診を受診してください。

 

関連書類

 

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)