ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

胃がん検診を受けましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新 <外部リンク>

胃がんは、がんで死亡した人の第3位(男女計)で、罹患数は第2位(男女計)です。
早期発見なら完治が可能です。胃がんを早期発見・早期治療すると、生存率が100%近くになります。

胃部エックス線検査(バリウム)は1年に1回の検診、胃部内視鏡検査は2年に1回の検診です。
※平成28年度から、50歳以上の方は「胃内視鏡検査」を選択できるようになりました。

医療機関で受診される場合は、必ず検査方法や日時などを医師にご相談ください。

受診の際は、事前予約し、「平成29年度がん検診等受診券」をお持ちください

検査方法

  • 問診
  • 胃部エックス線検査バリウム(造影剤)を飲み、胃内部をエックス線で診断します。
  • 胃内視鏡検査胃カメラで、胃内部を診断します。

 

対象

  • 胃部エックス線検査は40歳以上の山口市民の方
    *本年度40歳に到達される方も含みます。
     
  • 胃部内視鏡検査は50歳以上の山口市民の方
    *本年度50歳に到達される方も含みます。
    *40歳代の内視鏡検査は医師が認めた方のみです。

 

種別

  • 集団検診
    各地域交流センター等で実施します。
    胃部エックス線検査のみとなります。
    日時・場所等については 胃がん集団検診日程 [PDFファイル/6月04日MB] をご参照ください。
    予約は、最寄の保健センターへご連絡ください。
各保健センター電話番号
集団検診の予約先
山口市保健センター(083)921-2666
小郡保健福祉センター(083)973-8147
徳地総合支所 健康づくり第三担当(0835)52-1114
阿東保健センター(083)956-0993

 

実施期間

  • 集団検診:平成29年6月23日から10月29日
     
  • 個別検診:平成29年6月1日から12月20日

 

自己負担金

  • 集団検診
    (胃部エックス線検査):900円

     
  • 個別検診
    (胃部エックス線検査):2,300円
    (胃部内視鏡検査):2,600円

自己負担金が500円になる方

以下のいずれかに該当する方は、自己負担金が500円になります。

  1. 70歳以上の方
    (70歳の誕生月の翌月から対象になります。1日生まれの方は誕生月から対象になります。)
  2. 「後期高齢者医療被保険者証」をお持ちの65~69歳の方(一定の障がいのある方)で、検診当日提示された方
  3. 70歳未満の市民税非課税世帯の方(すべての世帯員が市民税を課税されていない場合)

3の方は事前に申請をしてください。

必要書類
  • 平成29年度がん検診等受診券
  • 世帯全員分の平成29年度(平成28年中)の所得・課税証明書
    (所得・課税証明書は、市民課・各総合支所総合サービス課・各地域交流センター等で発行しています。手数料が必要です。
    証明は、必要な証明年度の1月1日に住所のあった市町村が交付しますので、転入の方は事前にご確認ください。)
申請先
  • 山口市保健センター
  • 小郡保健福祉センター、秋穂総合支所総合サービス課、阿知須総合支所総合サービス課
  • 健康増進課健康づくり第三担当(徳地総合支所)、徳地地域交流センター各分館
  • 阿東保健センター、阿東総合支所総合サービス課、阿東地域交流センター各分館

生活保護世帯の方

検診当日に「医療依頼証兼生活保護費受給者証」を提示された方は無料です。

節目年齢の方

平成29年度の無料対象者は、平成29年4月1日現在の年齢が以下の方です。

  • 40歳:昭和51年4月2日から昭和52年4月1日生まれの方
  • 45歳:昭和46年4月2日から昭和47年4月1日生まれの方
  • 50歳:昭和41年4月2日から昭和42年4月1日生まれの方
  • 55歳:昭和36年4月2日から昭和37年4月日生まれの方
  • 60歳:昭和31年4月2日から昭和32年4月1日生まれの方


「平成29年度がん検診等受診券」の胃がん検診の欄に、無料と記載があります。ただし、「平成29年度がん検診等受診券」がない場合は有料となります。

※節目年齢の方のうち45歳・50歳・55歳・60歳の方は、平成28年度に胃部内視鏡検査を受けていても、前年度の受診歴に関係なく胃部内視鏡検査を選択することができます。

 

注意事項

  • 妊婦、胃やペースメーカーの手術を受けている方は、エックス線による検査は受診できません。
  • 検査結果がいつも「要精密検査」となる方、バリウム誤嚥の恐れのある方は医療機関にご相談ください。
  • 「大腸憩室」がある方は集団検診は受診できません。主治医にご相談・確認してください。
  • 前日の夕食は21時頃までにすませ、23時以降はなるべく水物も避けてください。
  • 当日は、何も飲食しないでください。また喫煙もしないでください。

 

関連書類

 

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)