ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 山口市における障がいを理由とする差別の解消の推進に関する対応要領を策定しました

山口市における障がいを理由とする差別の解消の推進に関する対応要領を策定しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月16日更新 <外部リンク>

 平成28年4月より、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)が施行され、国や地方公共団体等においては、障がいのある人への不当な差別的取扱いが禁止され、障がいのある人にとっては日常生活や社会生活を送る上で障壁となるもの(利用しにくい施設・制度、障がいのある方の存在を意識していない慣習・文化、障がいのある方への偏見など)を除去するための合理的配慮の提供が義務づけられます。


 本市におきましても、障がいを理由とする差別の解消に関して、職員が適切に対応するために必要な事項をまとめた市職員対応要領を策定しましたので、公表します。

関連書類 ※ダウンロードします。 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)