ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 誰もが暮らしやすい社会を目指して

誰もが暮らしやすい社会を目指して

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月16日更新 <外部リンク>

4月2日は、「世界自閉症啓発デー」
4月2日から8日は、「発達障害啓発週間」です。

発達障害とは

自閉症をはじめとする発達障がいは、脳機能の発達の仕方の違いから発現するものです。
発達障がいのある人は、新しいことを学習する、他人の気持ちや感情を理解する、言葉を適切に使うといったことが苦手なために、行動や態度が「自分勝手」とか「変わった人」、「困った人」と思われる原因になり、敬遠されることもあります。

温かい見守りが必要

障がいの特性により、騒いだりパニックを起こしている子どもを見て、「なぜ叱らないんだ」と考えるかもしれません。子どもの場合、よく見る光景なので誤解を受けやすいのですが、発達障がいはまれなことではなく、身近にあることであり、その行動や態度が親のしつけや教育の問題ではないことを知っておいてください。


 
自閉症をはじめとする発達障がいへの理解を深め、みんなで支えあえる社会の実現を目指しましょう。