ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 障がい福祉課 > ひきこもりに対する理解を深める市民講座の開催について

ひきこもりに対する理解を深める市民講座の開催について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月5日更新 <外部リンク>

今、家族にできること。~ひきこもる我が子にどう向き合うか?~

○山口県内にも1万人以上のひきこもり状態の人達がいると言われています。ひきこもるきっかけは人様々で、受験や仕事の失敗、人間関係のつまずきや病気・障がいなどです。近年の多様な社会の中では、一度ひきこもると長期化しやすく、様々な面にも影響を及ぼすと言われ、できるだけ早期の対応が必要とされています。

認定特定非営利活動法人支えてねットワークでは、毎年ひきこもりへの正しい理解と普及啓発のため、一般公開講座を開催しています。今回は、「生きづらさを抱えた我が子と向き合う家族の体験」を聴く機会となっています。

「今、家族にできること。」一緒に考えてみませんか。

【日時】平成29年8月27日(日)13時30分~15時00分(13時00分受付開始)

【会場】山口市小郡ふれあいセンター2階集会室

    (〒754-0002 山口市小郡下郷1440番地1)

 ≪ファシリテーター≫ 藤本 真樹(社会福祉士)

 ≪パネリスト≫ 体験者家族4名

【主催・問い合わせ】

 ◎認定特定非営利活動法人支えてねットワーク ☎083-984-3742(山口市秋穂西1267-1)

 ◎山口市社会福祉協議会  ☎083-924-0543(山口市上竪小路89-1)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Googleカレンダーに登録する<外部リンク> Yahooカレンダーに登録する<外部リンク>