ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 介護保険 > 介護給付費算定に係る体制等の変更について

介護給付費算定に係る体制等の変更について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新 <外部リンク>

介護給付費算定に係る体制等に変更があった場合は届出が必要になります。また、加算に係る要件を満たさなくなった場合もその旨を届け出てください。
変更にあたっては、関連リンク先の「介護給付費算定に係る各種加算等自己点検シートについて」をご確認いただき、適切な介護給付費の算定に努めてください。
また、介護給付費算定に係る体制等以外の変更については、関連リンク先よりご確認ください。

算定の開始時期について

サービスの種類算定の開始時期
夜間対応型訪問介護、地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護各月 15日以前に提出 → 翌月から
   16日以降に提出 → 翌々月から
認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護届出を受理した月の翌月から(届出を受理した日が月の初日である場合はその月から)

関連リンク

関連書類 ※ダウンロードします。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。