ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住所地特例について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月22日更新 <外部リンク>

住所地特例とは

山口市に住民票がある方は、山口市の介護保険被保険者となるのが原則です。
住所地特例とは、施設等が多くある市町村に財政負担が集中することを避けるために、施設等に他市町村から直接入所(住民票の異動)される被保険者については特例として、入所者を引き続き入所前の市町村の被保険者とするしくみです。

住所地特例施設に入所・退所があった場合は連絡票の提出を

住所地特例施設に被保険者の入所・退所があった場合、その施設は関係する市町村へ「介護保険住所地特例施設入所・退所連絡票」(下記関連ファイルからダウンロード可)を提出する必要があります。

連絡票の提出がない場合、被保険者の正確な把握ができず介護保険料の賦課・収納等に影響を及ぼしますので、施設のみなさまのご協力をお願いします。

住所地特例施設へ入所者があった場合

  • 施設所在地の市町村及び入所者の保険者である市町村へ連絡票を提出

住所地特例施設から退所者があった場合

  • 施設所在地の市町村及び入所者が退所するまで保険者であった市町村へ連絡票を提出

住所地特例の対象施設

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)(定員30 人未満は除く)
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
  • 特定施設(介護専用型で定員30 人未満は除く)
    有料老人ホーム、軽費老人ホーム、養護老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅のうち、以下のいずれかのもの
    利用権方式の有料老人ホーム
    特定施設入居者生活介護の指定を受けた賃貸住宅

※平成27年4月1日から有料老人ホームに該当するサービス付き高齢者向け住宅は、住所地特例該当の施設となりました。

関連書類 ※ダウンロードします。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)