ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

成年後見制度利用支援

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

認知症・障がい等により判断能力が十分でない高齢者等で、自分の財産の管理や契約等ができない場合に、市長が本人親族に代わり家庭裁判所に後見人の申し立てをし、手続きにかかる経費を助成します。

サービスを利用できる方

判断能力が十分でない、身寄りのない認知症高齢者・知的障がい者・精神障がい者等

助成額

成年後見制度の申し立てに関する経費(登記手数料、鑑定費用等)及び後見人等の報酬の全部または一部。

お問い合わせ先

担当地域の地域包括支援センターへお問い合わせください。

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。