ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > 地域福祉 > 平成28年度臨時福祉給付金等の申請受付に関するお知らせ

平成28年度臨時福祉給付金等の申請受付に関するお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

 所得の少ない方に対し、消費税率引き上げ(5%から8%)による影響を緩和するため、「平成28年度臨時福祉給付金」の支給を行います。
 この度支給する臨時福祉給付金は、平成28年10月から平成29年3月までの半年間の期間に対応するものです。
 なお、所得の少ない障害・遺族基礎年金受給者を支援するために実施する給付金の支給も、併せて行います。

支給対象者

【平成28年度臨時福祉給付金】

 基準日(平成28年1月1日)時点で、山口市の住民基本台帳に記録されている方で、平成28年度の市・県民税(均等割)が課税されていない方。ただし、課税者に扶養されている場合や、生活保護制度の被保護者となっている場合などは対象外です。

【障害・遺族基礎年金受給者向け給付金】

 平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者のうち、平成28年5月分の障害基礎年金、遺族基礎年金等を受給されている方。ただし、高齢者向け年金生活者等支援臨時福祉給付金を受給された方は対象外です。

支給額

【平成28年度臨時福祉給付金】

 対象者1人につき 3千円

【障害・遺族基礎年金受給者向け給付金】

 対象者1人につき 3万円

申請手続き

【申請期間】

 8月22日(月曜日)から11月22日(火曜日)まで

 ただし、申請の遅延に関しやむを得ない事由がある場合は、平成29年2月22日まで受け付けを行います

【申請方法】

 郵送申請もしくは窓口申請

【必要書類】

  1. 申請書(請求書)
     支給対象となる可能性がある方のご世帯には、8月中旬より申請書を発送しています。
    ※申請書が届いた方でも支給要件に該当しない場合は、給付金を受け取ることはできません
    ※支給対象と思われる方で申請書等が届かない場合は、お問い合わせください
  2. 支給対象者全員分の本人確認書類
     写真付き住民基本台帳カード、運転免許証、パスポート(写真、住所のページ)、健康保険証等の写しを申請書に添付してください。
    ※代理申請・受給の場合は代理人の本人確認書類が必要です
    ※外国人の方は在留カード、特別永住者証明書等が必要です

【受付窓口】

郵送する場合:社会課
持ってくるする場合:山口総合支所福祉総合相談窓口前受付、
          各総合支所総合サービス課、
          各地域交流センター(大殿・白石・湯田・小郡・秋穂・阿知須・徳地・阿東を除く)及び分館

その他の注意事項

  1. 申請受付開始からしばらくの間は、窓口の混雑が予想されます。できる限り郵送による申請をご利用ください。
  2. 給付金の受け取りは、原則、口座振込となります(口座をお持ちでない等、振込が困難な場合のみ、現金で受け取ることができます)。
  3. 指定された口座への振込は、申請書を提出された後、概ね1カ月半後となります。

《配偶者からの暴力を理由に避難している方について》

 配偶者からの暴力を理由に避難しているが、事情により、基準日(平成28年1月1日)時点で住民票を移すことができていない方で、一定の要件を満たす方は、今実際にお住まいの市町村に申し出ていただくことにより、次のような措置を受けることができます(ただし、既に配偶者等が代理申請を行っている場合は、下記の措置を受けることができない場合があります)。

  1. 手続の完了後は、配偶者等から、申出を行った方の臨時福祉給付金の代理申請はできなくなります。
  2. 住民登録を行っている市区町村ではなく、今実際にお住まいの市区町村に臨時福祉給付金の給付の申請を行うことができます。

【申出窓口】

社会課(山口総合支所内)
※臨時福祉給付金の給付申請手続は、別に行う必要があります。
※詳しくは下記関連書類をご確認ください。

関連リンク

関連書類 ※ダウンロードします。 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)