ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境・ペット > 環境 > 平成29年度 清掃工場ダイオキシン類測定結果

平成29年度 清掃工場ダイオキシン類測定結果

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月2日更新 <外部リンク>

「ダイオキシン類対策特別措置法」「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づき、平成29年度に実施した清掃工場の煙突から排出される排ガス等に含まれるダイオキシン類の測定結果を報告します。

測定の結果、法に定める基準値を下回っていました。

項目

排ガス

(煙突から出るガス)

主灰

(燃えがら)

飛灰

(集じん器で集めた灰)

清掃工場ダイオキシン類測定数値

焼却炉1号炉2号炉1号炉2号炉

1号炉

2号炉

単位

ng-TEQ/㎥Nng-TEQ/g

基準値

13

平成29年

6月9日採取

0.0490.0180.00140.000880.380.12

 

各単位の説明

ng(ナノグラム)・・・1グラムの10億分の1の量

TEQ(ティーイーキュー)・・・Toxicity Equivalency Quantity(毒性等量)の略称。ダイオキシン類とは、ポリ塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン(PCDD)を始め200種類以上の総称で、その毒性についても大きく異なるため、最も強い毒性のあるダイオキシンを基準として毒性を換算した量

㎥N(ノルマル立方メートル)・・・温度0℃、1気圧の状態に体積を換算したガス量

 

関連リンク

山口市清掃工場

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。