ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境・ペット > ごみ・リサイクル > スプレー缶やカセットボンベ、使い捨てライターを捨てる際はご注意ください

スプレー缶やカセットボンベ、使い捨てライターを捨てる際はご注意ください

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

 

穴あけ器

スプレー缶・カセットボンベ、使い捨てライターを出す際の注意点

 中身が残ったままのスプレー缶・カセットボンベ、使い捨てライターを収集したことによりごみ収集車両が火災を起こした例があります。
 スプレー缶・カセットボンベ、使い捨てライターは必ず中身を使い切って、スプレー缶・カセットボンベについては穴を空けてから出してください。
 排出場所については、下記関連書類のお住まいの地域のファイルを御覧ください。

中身を使い切ることができない場合

スプレー缶・カセットボンベの中身を抜く方法は下記リンク(社団法人 日本エアゾール協会ホームページ)をご参考ください。
※スプレー缶・カセットボンベを最後まで使い切ったはずなのに、まだ中身の音がする場合、商品に表示されているメーカーにお問い合わせください。
※カセットボンベにメーカー名が表示されていない場合は、社団法人日本ガス石油機器工業会『カセットボンベお客様センター』(0120-14-9996 平日10時から17時まで)にお問い合わせください。

使い捨てライター

中身を抜く方法は下記リンク(社団法人 日本喫煙具協会ホームページ)もしくは下記ファイルをご参考ください。

関連リンク

関連書類 ※ダウンロードします。 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)