ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境衛生課 > ペットの飼い方をいま一度考えましょう~人と動物とが快適に共生できるまちを目指して~

ペットの飼い方をいま一度考えましょう~人と動物とが快適に共生できるまちを目指して~

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月4日更新 <外部リンク>

近年、ペットの飼い方やマナーについて多くの苦情や相談が寄せられています。現在飼い主の方、新しく飼い主になる方もいま一度ルールやマナーについて理解していただき、適切な飼い方に努めましょう。

 

☆飼い主の皆さんへ☆

ペットを家族に迎え入れる前に、ペットが病気や高齢となった時には、医療費や介護等が必要になることまで考えて迎え入れましょう。

また、ペットの健康管理や生活しやすい環境を整えることは飼い主としての責任です。ペットが喜ぶことや苦手なこと、体に悪いことを勉強しておきましょう。

家族に迎え入れた時は、愛情と責任を持って最後まで飼い続けてあげましょう。

ご近所の動物が嫌いな人、苦手な人、動物にアレルギーを持っている人等への配慮をしましょう。

また、ペットが迷子にならないように、首輪や迷子札、マイクロチップなどを着けましょう。もし、迷子になった場合は、警察や市役所まで連絡をしてください。保護されているケースがあります。

飼っているペットが増えすぎると、餌やりや健康管理が行き届かなくなることがありますので、必要に応じて不妊・去勢手術を御検討ください。

・犬について

犬の登録(生涯1回)と狂犬病予防接種(毎年1回)を行いましょう。

放し飼いは絶対にやめましょう。

リードを必ずつけてください。事故防止はもちろんのこと、犬が苦手な方への配慮をしましょう。

脱走にはご注意を。

大きな音(雷や花火など)に敏感なので、びっくりしてパニックになりやすく、ワイヤーやロープなどを噛み切って脱走する恐れがあります。

ふんは必ず持ち帰り、適正に処理しましょう。

ふんの放置は、ごみのポイ捨てと同じです。菌が繁殖して感染することもあります。

・猫について

本市のガイドラインに沿って飼いましょう。

人と猫とが共生できるように平成28年にガイドラインを策定しました。猫の特性などをもう一度理解するためにも見ておきましょう。

屋内飼養に努めましょう。

屋外では、猫同士のケンカや病気になったり、交通事故や迷子になることがあります。

無責任な餌やりはやめましょう。

野良猫がかわいそうで無責任な餌やりを行うと、管理が行き届かないことでふん尿被害、庭や畑を荒らしたり車を傷つけたりといった苦情につながることがあります。

 

 

飼い主さんいかがでしたか?飼い主としてのマナーが守られていますか?人と動物が快適に暮らしていけるようみんなで協力していきましょう。

 

迷子になったときは

関係部署電話番号
山口健康福祉センター(保健所)083-934-2535
山口警察署083-924-0110
山口南警察署083-972-0110
市環境衛生課083-941-2176

に電話連絡しましょう。

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)