ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

犬の登録と狂犬病予防注射

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

鑑札狂犬病予防法により、生後91日以上の犬には登録と狂犬病予防注射が義務付けられています。

犬の登録は、環境衛生課、各総合支所、動物病院で申請することができます。
登録の手続きをしていただくと、鑑札をお渡しします。これは、法律に基づく登録の証明となるだけでなく、行方不明になった場合に飼い主を探す手がかりとなる大切なものです。首輪などへの装着をお願いします。

注射済票狂犬病予防注射は、毎年4月に市内の公園など200か所程度を巡回して実施する狂犬病予防集合注射で行うことができます。また、動物病院でも実施することができます。
注射を受けていただくと、注射済票をお渡しします。これは、注射を受けた証明になるとともに、鑑札と合わせて飼い犬が行方不明になったときの手がかりとなるものです。首輪などへの装着をお願いします。

手数料

登録3,000円
鑑札再交付(紛失時)1,600円
注射済票交付550円
注射済票再交付(紛失時)340円

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。