ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境政策課 > ワークショップ「光で空中に絵を描こう」を開催しました

ワークショップ「光で空中に絵を描こう」を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月20日更新 <外部リンク>

2月18日、ワークショップ「光で空中に絵を描こう」を山口市リサイクルプラザで開催しました。


これは、拍手の振動で発電してLEDを光らせる「クラップライト」という道具を使って、空中に絵を描くワークショップで、午前と午後の2回開催し、市内の小学4年生から6年生の17人が参加してくれました。クラップライトを叩きながら発光させて、光の軌跡を撮影する場面では、参加者それぞれがカメラの前で体を動かして、画面に星の形などの絵ができると、会場から歓声と拍手が起こりました。

このほかにも、再生可能エネルギーについての講義や、振動発電の活用方法を考えて発表する時間もあり、参加者からは「振動で電気を起こせて、とても楽しかった」とか「クラップライトで便利な道具を作ってみたい」といった感想も聞かれました。

今回のワークショップは、エネルギーや電気について考えてもらうよい機会となりました。

このワークショップは来年度も実施する予定ですので、皆さんの御参加をお待ちしています。

光で絵を描写講義
 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。