ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境・ペット > 環境 > 特定外来生物オオキンケイギク

特定外来生物オオキンケイギク

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

オオキンケイギク
和名 オオキンケイギク
学名 Coreopsis lanceolata
科名 キク科
原産地 北アメリカ
特徴 キク科の多年生草本で、高さは30センチメートルから70センチメートル程度になる。
開花期 5月から7月。花はコスモスに似た形状で、直径5センチメートルから7センチメートル程度の頭状花(茎の先端に1つの花を付ける)
花びらの色は黄橙色で、花びらの先は不規則で4つから5つのぎざぎざがある。
コスモスとは開花時期が異なっている。

オオキンケイギクは、5月から7月頃にかけて鮮やかな黄色の花をつけます。山口市内の道端や河原などで見かけることがあります。
きれいな花ですが、このオオキンケイギクは、日本の生態系に重大な影響を及ぼすおそれがある植物として、平成18年に外来生物法による「特定外来生物」に指定され、栽培、運搬、販売、野外に放つことなどが禁止されています。

注意点

 多年草であることから、地中に種子が残っている可能性があり、簡単に駆除することはできません。根から抜き取るのが一般的ですが、種子の拡散を防ぐために、種子をつける前、開花時期までの駆除が望ましいとされています。
 外来生物法により、駆除後、生きたままの運搬は禁止されていますので、種子の拡散を防ぐため、袋等に密閉して枯死させる等の処理をした後で、燃えるゴミとして処理してください。また、地上部の刈取りをした後でも、その場所の土を移動すると、地中の種子を拡散してしまう可能性もあります。

発見情報

 オオキンケイギクを見かけた方は、発見日時・場所(できれば写真)を下記の問い合せ先までご連絡ください。

関連リンク