ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

戸籍の附票の写しについて

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

山口市に本籍地をおかれている方の、戸籍を編成してからの住民票の異動履歴を記した証明です。


戸籍の附票を請求される場合は、「いつ」の「どの住所」が記載されているものが必要かをご記入ください。
例「平成○○年○○市○○町の住所から現在に至るまでの住所の履歴が必要」


戸籍の改製と同時に戸籍の附票も改製されます。山口市では戸籍及び戸籍の附票を電算化改製しましたので、それ以前と以後で戸籍附票が分かれています。


電算化の前後の住所の履歴が必要な場合は、改製前の附票と改製後の附票の両方を取得しないと、履歴が証明できない場合があります。


 また、電算化改製の時期は合併前の旧市町ごとに違います。

  • 旧山口市では平成12年3月25日改製
  • 旧小郡町では平成10年12月19日改製
  • 旧秋穂町では平成15年12月20日改製
  • 旧阿知須町では平成17年7月16日改製
  • 旧徳地町では平成16年5月29日改製
  • 旧阿東町では平成20年8月30日改製


婚姻等により戸籍の変動があった場合で、その前後の住所履歴が必要なときは、それぞれの本籍・筆頭者氏名を申請書に記入してください。(本籍地が婚姻前後ともに山口市にある場合のみ、証明ができます。)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。