ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校自慢(阿東東中学校)

印刷用ページを表示する掲載日:2012年3月19日更新 <外部リンク>

豊かな自然の中で、生徒全員が主役となって活動する小規模校

 自然環境・校舎のつくり

四季の自然の変化の中で学校生活を満喫

春は、桜

  • 道路を挟んだ向かいにしだれ桜の名所があり、校舎前が桜の花で覆われます。
  • 気の良い日は、校庭にシートを敷いて弁当形式で給食を食べることもあります。

 

3階から見える正門付近の桜

前庭の満開の桜の下での「お花見給食」

夏は、緑

  • 校区にある「船方農場」で、1年生が3日間の農場体験学習を行っています。
  • 校区にある「十種ヶ峰青少年野外活動センター」で、1年生が阿東中学校の1年生と合同で「中一のつどい」を行っています
  • 毎年、8月の最終日曜日に、十種ヶ峰の山頂目指しての登山マラソン大会が開催されており、平成23年度は全校生徒が参加し、完走しました。十種ヶ峰にはスキー場があり、そのゲレンデから山頂まで駆け上がるクロスカントリー的なとてもハードな登山マラソンです。

船方農場での1年生農場体験学習

秋は、紅葉とリンゴ

  • 通学路のいたる所にりんご園があり、自然と目にしています。
  • 夏の登山マラソンで駆け上がった山頂がいつでもグランドから見え、冬には白く雪化粧します。

冬は、一面の銀世界を除雪

  • 春にお花見給食をした桜も雪に覆われ、道路と校庭の区別もつきません。
  • 正門への通路を除雪しています。道路は、除雪機が除雪しますが、学校内の通路は自分たちで除雪します。この作業は大変で、平成22年度卒業生は、卒業記念品として「除雪機」を残していきました。
  • 夏に登山マラソンで上ったコースは、冬には、スキーのゲレンデとなります。(実は逆で夏にケレンデを上ったのですが、)平成22年度の県体が十種ヶ峰スキー場で行われ、本校生徒が回転種目で優勝しました。嘉年小学校も徳佐小学校もスキー教室を行っており、スキー経験者が多いため、中学校にスキー部はありませんが、県体で優勝しています。

自分たちで除雪

平成22年度スキー県大優勝

ユニークな授業・学校行事

小規模校ならではの「全員が主役で、一人二役・三役」

 少人数ですから、全員が委員や係を担い、行事では何役もこなしています。部活動は、野球やバレーボール等のチーム競技の部員数が不足した場合は、隣の阿東中学校と合同チームを編成するようにしています。ちなみに、野球の連合チームが平成23年度春季県体で準優勝しました。

コミュニティスクールとして「地域と共に」(平成21年度から)

 平成21年度から学校運営協議会を設置して、コミュニティスクールとして運営されています。地域に伝わる地域の物を活用しての輪飾り作りを習ったり、地域作り推進協議会と合同の行事を開催したりしており、多くの方々が学校に来校されています

徳佐小学校と隣接し、ランチルーム・プール・グラウンド・体育館を共用

 中学校の敷地にある共同同調理場に隣接する小中それぞれのランチルームで給食を食べています。昼食時間に調理場で火災が発生したことを想定して、小中が一緒に避難訓練をしました。阿東東中学校には、嘉年小学校と徳佐小学校から入学してきます。徳佐小6年生・嘉年小6年生と中学1年生が一緒に授業を行うことがあります。教職員の合同の研修会を行ってスムーズな接続や小中の連携を目指しています。

徳佐小との合同火災避難訓練

山口高校徳佐分校との中高連携

 校区内に、山口高校徳佐分校があり、行事の相互参加(徳佐分校と韓国ヒィカム高校との交流に参加したり、阿東東中学校で開催される教育講演会に来校したり)や、教職員同士の授業参観を行っています。

学校の教育方針

  • 夢を語り、夢の実現に向かって、仲間と共に小さくても確実な実践を積み重ねていける学校
  • 「ふるさとのよさが語れる」「ふるさとを誇りに思う」「ふるさとに愛着をもつ」生徒の育成
  • キャリア教育を柱にして、保護者・地域と連携して、生徒・教職員のキャリアアップをはかる キャリア教育の文部科学省表彰(平成20年度)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。