ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校自慢(中央小学校)

印刷用ページを表示する掲載日:2012年3月29日更新 <外部リンク>

「豊かな自然、受け継がれる文化、そして心温かい人々に囲まれ、みんなまっすぐに伸びていきます」

 自然環境・校舎のつくり

山・川・田畑に囲まれ、とても静かな環境です。四季の色彩が豊かで、夏は様々な動植物、冬は雪をみることができます。校舎は3階建て一棟、他体育館、築40年、耐震化工事済みです。外観は周囲の自然にあわせながらも結構モダンです。

校舎

校長先生

 

ユニークな授業・学校行事

 4年生は「2分の1成人式」、6年生は「徳地人形浄瑠璃」を総合学習の時間に学びます。「徳地人形浄瑠璃」は、数か月練習し、近くの文化ホールで下級生に披露したり、徳地文化祭で発表したりします。
 また、地域のコスモス植えを手伝ったり、花開いたコスモスのスケッチをしたりします。徳地夏祭りのコンパネアートに自主参加したり、地域の代表として綱引き大会への参加の呼びかけなどもあります。地域や保護者の方と一体になった行事がいろいろあります。
 さらに、徳地の五つの小学校を相互訪問する「交流学習」も実施しています。1年生の時から6年生の修学旅行まで何度も顔を合わせ、様々な学習や活動を協力して行います。みんな徳地中学校に進学しますが、そのころには同級生としてすっかり仲良しになっています。
 PTAも行事を企画・参加します。特に、12月にPTA主催で行われる「もちつき大会」は盛大です。

徳地人形浄瑠璃

コスモススケッチ大会

 

学校の教育方針

 「未来に夢をもち、『かしこく』『やさしく』『たくましく』心豊かに生き抜く児童の育成」を目指しています。
 きちんとした生活や体力づくり、家庭学習の習慣化など、基本の育成に取り組んでいます。

学校のPRポイント

  • 徳地地区五小学校の中では最も大きい学校です。一学年20人弱、全校児童は百余人、みんなが大切にされています。学校と家庭がとても近く感じられます。
  • 朝夕のあいさつの仕方に特徴があります。独特で、美しいです。一旦止まって対面・直立し、「おはようございます」と発してからお辞儀をします。(言いながらお辞儀するのではありません)受けた人も同じように返します。
  • 学校で「アイガモ」を飼育しています。全校みんなで順番に世話をします。えさをやったり小屋の掃除をしたりしますが、とてもよくなつき、かわいいです。
  • 保護者へのメール配信を行っています。行事のご案内や緊急情報のお知らせをしており、好評です。 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。