ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化交流課 > C・S赤れんが開館25周年記念事業 新村則人デザイン展を開催します

C・S赤れんが開館25周年記念事業 新村則人デザイン展を開催します

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月12日更新 <外部リンク>

概要

新村則人展のチラシ

 

周防大島町出身の、新村則人氏のポスター展示や「海・山・街」をイメージしたインスタレーション作品などの展覧会を行います。

新村則人氏は、資生堂や無印良品などの広告デザインを手掛けられており、国内外の賞をいくつも受賞されているグラフィックデザイナーです。

C・S赤れんが開館25周年記念事業の一つとなる同展覧会にぜひ足をお運びください。

 

開催概要

日時

9月13日(水曜日)から24日(日曜日) 9時から18時
 ※19日(火曜日)休館

9月16日(土曜日)15時から 作家によるギャラリートーク 

場所クリエイティブ・スペース赤れんが
料金無料
問い合わせクリエイティブ・スペース赤れんが
住所:山口市中河原町5-12
電話:083-928-6666

 

新村則人プロフィール詳細


 1960年山口県生まれ。漁師の家庭で、8人兄弟の8番目として育つ。小学校4年の時に赴任してきた伊藤哲之先生の授業でポスターの魅力にはまり、デザイナーを目指す。
大阪デザイナー学院卒業。1984年(株)松永真デザイン事務所入社。その後(株)I&S/BBDOを経て、1995年(株)新村デザイン事務所設立。
主な仕事に、資生堂の「会社案内」「花椿」「INOII I D 」「エリクシール」「ZEN」「企業広告」や、良品計画の「無印良品キャンプ場」「BGM」「ATELIER MUJI」「Tシャツ」や、東京オリンピック、サッポロビール、エスエス製薬、角川書店、東京交響楽団、新村水産などを手がける。主な受賞に、毎日広告デザイン賞「最高賞」、環境広告大賞「グランプリ」、東京TDC「銅賞」、ニューヨークADC「銀賞・銅賞」、ニューヨークTDC賞、日本グラフィックデザイナー協会「JAGDA新人賞」、ブルノグラフィックデザイン国際ビエンナーレ「金賞」、中国国際ポスタービエンナーレ「銀賞」、グッドデザイン賞、世界ポスタートリエンナーレトヤマ「銅賞」、香港デザイナー協会賞「銅賞」、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ「銀賞」、台湾国際ポスターデザイン賞「銀賞」、寧波国際ポスタービエンナーレ「金賞・銅賞」、ラハティポスタービエンナーレ「環境賞」、東京ADC賞など。
審査員としては、「デザイングランプリTOHOKU」「瀬戸内デザイングランプリ」で審査委員長を努める他、数多くの審査員を努める。また、「ニューヨークADC」や「中国グラフィックデザイン協会」の国際審査員にも選出される。
教職としては、東北芸術工科大学、東京造形大学、京都嵯峨芸術大学、大阪芸術大学などで教壇に立つ。日本グラフィクデザイナー協会、東京ADC会員。

 

関連書類 ※ダウンロードします

 新村則人デザイン展チラシ[PDF] [PDFファイル/1.65MB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Googleカレンダーに登録する<外部リンク> Yahooカレンダーに登録する<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)