ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 生涯学習・スポーツ・文化・芸術 > 文化・芸術 > 第12回中原中也賞が須藤洋平さんの『みちのく鉄砲店』に決定しました

第12回中原中也賞が須藤洋平さんの『みちのく鉄砲店』に決定しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月15日更新 <外部リンク>

概要

第12回中原中也賞には、平成17年12月1日から平成18年11月30日までに刊行された現代詩の詩集252点(うち推薦詩集12点)が寄せられました。平成19年2月17日、応募作品の中から最終選考作品として選ばれた7作品を対象に、山口市湯田温泉の旅館西村屋で選考会が開催され、審議の結果、第12回中原中也賞には、須藤洋平さんの『みちのく鉄砲店』(私家版)が選ばれました。

受賞作品

『みちのく鉄砲店』(私家版)

受賞者

須藤洋平(すとうようへい)

略歴

1977年生、29歳〈受賞時〉
早稲田医療専門学校卒
詩集『みちのく鉄砲店』(2006年9月 私家版)

受賞のコメント

病気に疲れ果て、正直詩集を出したなら死のうとさえ考えていました。中原中也と同じ30歳。不遜を承知で言わせていただければ、この受賞で、中也が「お前はまだまだ生きなさい、そして、書き続けなさい!」と言ってくれているような気がするのです。この上ないすばらしい賞をありがとうございました。選考委員の先生方、関係者の皆様方に心から感謝いたします。「おっかあ、産んでくれてありがとう」

選考経過

公募、推薦の詩集252冊について本年1月に開催された推薦会の検討の結果、多和田葉子『傘の死体とわたしの妻』、大谷良太『薄明行』、キキダダマママキキ『死期盲』、望月遊馬『海の大公園』、須藤洋平『みちのく鉄砲店』、安川奈緒『MELOPHOBIA』、館路子『螢、探して』の7冊が選ばれて、本日の選考会の対象とされた。

今年の最終候補に残った詩集は、現在の若い詩人たちの傾向を反映した流動することばの世界や、詩と小説の両方の文体を解体する試みや、伝統的な抒情性を結晶したものなど、わたしたちを動かす力をもったものが多かった。その中で、須藤洋平の『みちのく鉄砲店』は、まったく異色なことばの世界であった。それは障害をもった身体が引き起こす孤独を引き受け、その病気の強い作用に負けない、人間としての感応力の強い詩の世界を展開している。表現としてのレベルも高く、単に私的な感慨の吐露ではなく、ことばのフィクションがよく計られた世界である。

著者詩集タイトル出版社
 
多和田葉子傘の死体とわたしの妻思潮社
大谷良太薄明行詩学社
キキダダマママキキ死期盲思潮社
望月遊馬海の大公園poenique
須藤洋平みちのく鉄砲店私家版
安川奈緒MELOPHOBIA思潮社
館路子螢、探して書肆山田

選考委員(五十音順)

氏名肩書き
 
荒川洋治現代詩作家
井坂洋子詩人
北川透詩人・梅光学院大学副学長
佐々木幹郎詩人
佐藤泰正梅光学院大学教授
高橋源一郎作家・明治学院大学教授

応募状況(一般応募作品240点)

全国41都道府県及び国外からの19歳から92歳までの237人から、240点の応募がありました。
最も応募が多かったのは東京都の46点、山口県内からは4点(うち山口市内なし)の応募がありました。 

 
年代別10代20代30代40代50代60代70代80歳以上不詳
人数2人46人43人37人60人25人15人2人7人

 

 

関連リンク

中原中也賞を実施しています

中原中也についての関連リンク

中原中也記念館ホームページ<外部リンク>

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。