ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 生涯学習・スポーツ・文化・芸術 > 文化・芸術 > (7月27日から開催)中原中也記念館特別企画展「詩が生まれた場所へ―中也の見た風景」

(7月27日から開催)中原中也記念館特別企画展「詩が生まれた場所へ―中也の見た風景」

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月4日更新 <外部リンク>

 開催概要

詩人・中原中也は明治40年に生まれ、明治・大正・昭和の異なる時代を生き、30年という短い生涯を駆けぬけました。
中也の作品は、日常で出会ったさまざまな場所から生み出されています。故郷の景観地・長門峡、都会のカフェー、愛児と行った動物園。現代を生きる私たちにも共感を呼び起こす中也の詩ですが、中也が実際に見ていた風景はどのようなものだったのでしょうか。

本展では、作品の舞台や中也を育んだ「場所」に焦点を当て、当時の風景や時代風潮を紹介しながら、古くて新しい中也詩の世界を探訪します。

開催場所中原中也記念館
開催期間2017年7月27日(木曜日)から2017年10月1日(日曜日)
開館時間(5月から10月)午前9時から午後6時(入館は午後5時30分まで)
入館料一般320円(270円)、大学・高等専門学校の学生210円(162円)、18歳以下・70歳以上は無料
※( )内は20名以上の団体料金

その他の入館料の割引・減免については、中原中也記念館ウェブサイトでご確認ください。
平成29年度無料開館日4月8日、4月9日、4月29日、5月5日、10月22日
休館日毎週月曜日(ただし8月14日、9月18日は開館)、8月29日(火曜日)、9月26日(火曜日)

(追記)
山口市文化振興財団情報誌「any」101号に、展示の概要や目玉資料の紹介等、展示担当学芸員へのインタビューが掲載されています。
情報誌は山口情報芸術センター、山口市民会館、中原中也記念館、県内の公共文化施設 等で配布しているほか、下記リンク先からPDFファイルをダウンロードしてご覧いただけます。

公益財団法人山口市文化振興財団ウェブサイト<外部リンク>

関連イベント

イベントについての詳細や最新の状況は中原中也記念館ウェブサイトでご確認ください。

(受付終了)製本ワークショップ「オリジナル中也詩集を作ろう!」

中也の直筆原稿の写真を使ったオリジナル詩集を作ります。

(7月5日追記)定員に達しましたので受付終了しました。

製本ワークショップ開催概要

講師秦博志(資料修復家、修復工房HATA Studio)
日時

8月19日(土曜日)
(1)午前10時から正午まで
(2)午後2時から午後4時まで

会場中原中也記念館
定員各回8名(事前申し込みが必要です)
参加費無料
対象小学校高学年から大人まで

中也カフェー ~蓄音器コンサート in ぼなーる

蓄音器から流れる昭和初期に流行した音楽を聴きながら、お茶やお酒をお楽しみください。

中也カフェー開催概要

日時9月2日(土曜日) 午後3時から午後5時まで(途中休憩あり)
会場喫茶ぼなーる(山口市湯田温泉1-11-35)
出演中原豊(中原中也記念館館長)
参加費無料(ドリンク代が別に必要です)
事前申込不要

講演会「希望の風景としての建築~中也が生きた時代の空間のつくり手たち~」

明治から大正へ。個性的な表現を歓迎する自由な空気の中で生まれた建築の世界をお楽しみください。
「それまでにない空間を自ら創りだす」感覚には、中也の時代の詩作と意外な共通点もあるかもしれません。
会場は、大正期の雰囲気を今に伝える名建築、旧県会議事堂です。

講演会開催概要

講師斉藤理(山口県立大学教授)
日時9月16日(土曜日)午後2時から3時15分まで
※終了後、旧県会議事堂の見学会を行います。
会場山口県政資料館(山口市滝町1-1)
参加費無料
事前申込不要

プロムナード・トーク

学芸員による特別企画展の展示解説を行います。

概要

期日8月5日(土曜日)、8月26日(土曜日)、9月9日(土曜日)
時間いずれも午後2時から45分程度
会場中原中也記念館
参加費無料(入館料が別に必要です)
事前申込不要

 

展示チラシ

 

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Googleカレンダーに登録する<外部リンク> Yahooカレンダーに登録する<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)