ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 広報広聴課 > リオ五輪柔道の大野将平選手が金メダルを獲得しました

リオ五輪柔道の大野将平選手が金メダルを獲得しました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

リオデジャネイロオリンピック男子柔道73kg級の試合が平成28年8月8日に行われ、本市出身の大野将平選手が決勝でアゼルバイジャンのルスタム・オルジョイ選手に一本勝ちして、今大会柔道初の金メダルを獲得しました。  

吉敷地域交流センターで行われたパブリックビューイングでは、深夜から早朝にかけての時間帯にもかかわらず、およそ100人のファンが集まりました。
平川在住の斉藤朝陽くん(12)は、大野選手が通っていた松美スポーツ少年団に4歳から通っており、「とてもうれしい。中学になっても柔道を続け、大野選手みたいになりたい」と語りました。また、吉敷在住のリオデジャネイロオリンピック吉敷地区後援会の寺戸康徳さん(59)は、「とにかくすごかった。吉敷地域からオリンピック金メダリストが出たということは、大変誇らしい」と語りました。
柔道男子のオリンピックでの金メダルは2008年の北京大会以来2大会ぶりとなります。

声がかれるまで応援する子どもたち
声がかれるまで応援する子どもたち

市長も応援に駆けつけた
市長も応援に駆けつけた

一本が決まり、大いに沸く会場内
一本が決まり、大いに沸く会場内

優勝が決まり、全員での万歳三唱
優勝が決まり、全員での万歳三唱
 

ご案内

問い合わせ先スポーツ交流課
電話番号 083-934-2912

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。