ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 小鯖地域交流センター > 第4回「さばろっち未来カフェ」の開催について

第4回「さばろっち未来カフェ」の開催について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月19日更新 <外部リンク>

(1)「さばろっち」活用について

 小鯖の魅力を地域内外に向けてPRするとともに、地域住民の地域に対する愛着度の醸成を図ることで、地域づくり活動への関心や関わり度の向上を目指すことを目的に、小鯖地域のご当地ゆるキャラ「さばろっち」が、地域内外のイベントに参加するほか、「ゆるキャラグランプリ2017」にエントリーしています。

「さばろっち」の紹介

「さばろっち」の体は、小鯖の魅力を表したもので、日々、小鯖のPRに駆け回っています。
「さばろっち」の「ろ」は、「路」の意味で、「小鯖は路を歩いて癒されるところ」という意味が込められています。
今年度はゆるキャラグランプリ2017にエントリーしたほか、地域内外のイベントや、メディアにおいて、「自然豊かで安心して暮らせる小鯖」を発信しています。
 

 

さばろっち(単体)

●頭のピンクの花びらは桜
●頭の黄緑の葉は笹と豊かな緑
●体の緑は自然豊かな山
●手の水色は鳴滝の清流

 

(2)第4回「さばろっち未来カフェ おさばのカタリバ 1」の開催について

さばろっちの「ゆるキャラグランプリ2017」挑戦に合わせて、7月から、地域づくり協議会と地域交流センターが協働し、若い世代を対象とした「さばろっち未来カフェ」と題した講座を開催しています。「さばろっち未来カフェ」は、来年2月までに全7回の開催を予定しており、各回異なる講師をお迎えし、小鯖のこれからに身近なキーワードについて話題提供を頂き、参加者で語り合います。これまで、3回開催し、延べ77人が参加しています。

10月20日(金曜日)に開催する「第4回さばろっち未来カフェ」は、「小鯖のカタリバ1」と題して、進行役に、山口市市民活動支援センターさぽらんてを迎えて、ワークショップ形式で地域の課題を語り合います。
 

■第4回「さばろっち未来カフェ」

(1) 日時:平成29年10月20日(金曜日)19時~21時00分
(2) 場所:小鯖地域交流センター 講座室
(3) 進行役:山口市市民活動支援センター さぽらんて
(4) 内容:これまでのさばろっち未来カフェの参加者を中心とした地域の若者世代がこれまでの3回の講座の内容を踏まえて、小鯖地域のこれからを考えるワークショップです。ワークショップでは、地域の課題や将来像について語り合い、後半のさばろっち未来カフェにつなげます。また、今回話し合った成果は、来年2月に開催予定の「小鯖のカタリバ2」において、地域の課題解決につながる企画立案等を協議するワークショップの資料として役立てることを想定しています。

日時タイトル講師参加人員
さばろっち未来カフェの開催状況と今後の予定
7月21日幸せますのまちづくり防府商工高等学校教諭 黒川康生25人
8月25日農業の魅力と可能性株式会社花の海 小玉健太26人
9月29日美腸で地域を明るく(一社)日本美腸協会認定講師 須本愛子26人
10月20日おさばのカタリバ 1山口市市民活動支援センター さぽらんて 
11月24日子どもと大人の素敵なかかわり子どもステーション山口 澤 直子 
1月下旬(仮)地域資源の活用阿東文庫 明日香健輔 
2月下旬おさばのカタリバ 2山口市市民活動支援センター さぽらんて 

さばろっち未来カフェの様子

■問い合わせ

(1) 小鯖のご当地ゆるキャラ「さばろっち」と「ゆるキャラグランプリ2017」の参加に関すること
小鯖地域づくり協議会 事務局
Tel:083-927-2263
E-mail:osabacsk@c-able.ne.jp

(2) 「さばろっち未来カフェ」に関すること
小鯖地域交流センター 地域担当
Tel:083-927-0021
E-mail:osaba@city.yamaguchi.lg.jp
 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。