ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

遺跡内での開発工事について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

山口市内には現在、479か所の遺跡が見つかっており、古くは旧石器時代から人々が生活していたことが明らかになっています。こうした遺跡の範囲内で開発行為を行う場合には届出や調査が必要です。
遺跡の有無照会から工事までの流れは下記のとおりです。(詳しくは関連書類の「フローチャート」も参考にしてください)

1.事前審査 (開発対象地が遺跡の範囲内かどうか調べる)

  文化財保護課へ直接お越しいただくほか、電話、ファックス、メールでも確認することができます。
  文書での回答が必要な場合は、「事前審査カード」をお渡しします。

2.試掘調査 (実際に地下に遺跡があるか調べる) 

  開発対象地が遺跡の範囲内である場合は、試掘調査を行い実際に地下に遺跡が残っているか確認します。
  「試掘・確認調査承諾書」を文化財保護課へ御提出ください。

※試掘調査で実際に遺跡が確認された場合は、遺跡保護のための協議を行い、必要に応じて覚書の作成や発掘調査を実施します。

3.書類提出

試掘結果に関係なく、遺跡の範囲内で開発工事を行う場合は文化財保護法第93条に基づく「埋蔵文化財発掘の届出」の提出が必要です。必要事項に記入し、位置図、工事内容の分かる図面を添付して文化財保護課へ御提出ください。

4.工事着手

  場合によっては、工事の際に職員が立ち会うこともあります。

※各書類は下記の「関連書類」からダウンロードできます。

関連書類 ※ダウンロードします。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)