ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金(個人) > 固定資産税(個人) > 固定資産税がかかる家屋とはどんなものですか?

固定資産税がかかる家屋とはどんなものですか?

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月9日更新 <外部リンク>

固定資産税がかかる家屋の要件

固定資産税がかかる家屋は、次の3つの要件をすべて満たすものです。

  1. 屋根があり、壁が3方向以上ある
  2. 土地に定着性がある
  3. その家屋の本来の用途として使用できる状態にある

 

では、こんな家屋には固定資産税がかかるでしょうか?

屋根と柱だけでできた簡易なカーポートを、自家用として使用している。

回答:かかりません。

2と3の要件は満たしていますが、1の要件を満たしていないためです。なお、事業用として利用しているものには、償却資産として固定資産税がかかります。

ホームセンターで買ってきたプレハブ倉庫に、基礎を打ち、使用している。

回答:かかります。

1~3の要件をすべて満たしているためです。
たとえプレハブ倉庫であっても、その場所から容易に動かすことができない状態になっていれば固定資産税がかかります。逆に、土地に定着させずに置いて使用しているだけであれば固定資産税はかかりません。

塩化ビニールでさしかけを作り、使用している。

回答:(今現在の)山口市ではかかりません。

さしかけは1~3の要件をすべて満たしており、本来は固定資産税がかかる家屋です。しかしながら、塩化ビニール製のものについては「耐久性に欠ける」ため、山口市では固定資産税をかけていません。

 

 

お問い合わせ先

こんな家屋には固定資産税がかかる?等ご質問のある方は、地区をご確認のうえ、下記担当へお問い合わせください。

北部地域の家屋について家屋担当(山口総合支所2階)
Tel:083-934-2736
Fax:083-933-1083
南部地域の家屋について
(小郡、秋穂、阿知須)
家屋土地第一担当(小郡総合支所1階)
Tel:083-973-2415
Fax:083-973-2586
阿東・徳地地域の家屋について家屋土地第二担当(阿東総合支所1階)
Tel:083-956-0798
Fax:083-975-0821

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。